スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8月29日

今朝から頭痛、歯痛。

歯痛は先日治療した歯が神経に近いので、その痛みであろう。

鎮痛剤を飲まず、全国総合模試へ出陣。


体調が悪いからと言い訳をするより、この体調でどこまでパフォーマンスを維持できるか

測りたいところ。

世界史は、知ってなきゃ解けないが、これはサービスだろうという感じであった。

世界史はポイントが当たるかあたらないかで差がでるが、全て綿密につぶさなければならない。


現代文に関して、論理を追いかけるということをしただけでは点をとれない科目であるのではという見解。

評論の主張、対立項、同類項などを読み取れても、客観問題の選択肢はどれも違いを判別するのが難しい。

やはり予備校でテクニックを学ぶ必要があるのか?

小論文では、論理を把握できればそこで終わりだと思うが現代文という科目は侮れない。

大人がやったとして点が取れるものではないと思う。



英語は記述は楽に感じる。

やはり微妙な選択肢を見るより、ポイントずばりの和訳、内容説明などのほうがやりやすい。

客観が大半の私大に対応できていない。

英語力があればというが、受験英語はそれ相応に処理しなければならないと思う。


私立文系というところで、

社会で知識99%、読解力思考力1%

現代文で知識5%、読解力思考力95%

英語で知識30%、読解力思考力70%

という感じがしてきている。


頭痛、歯痛によるパフォーマンスの低下が見られたが、

身体が動けば鎮痛剤を用いなくても対応できそうだ。


精神的な要素は大きいと感じた。

一般模試というだけで、これぐらい取れるという感覚を持てる。

こりゃ出来ないと思っただけで、実際の実力以下しかとれないのではないか。

頭の中で先入観を捨てることができれば、もっと点に結びつけるはずのような気がする。

×焦るからやる→さらに不安になる。→定着しない→点がとれない。

○アウトプットの目標を立てる。→戦略を立てる→確実にやっていく→アウトプットを確認

→できなかったことを補正→予定通りの成果



大学受験

ランキング参加中。プッシュお願い致します。





















































      

   

















 

スポンサーサイト
プロフィール

piyoyan

Author:piyoyan
人の役に立ちたいとか社会貢献したいとか副次的欲求は自己満足であり、偽善的とも考えられるが心理学上誰にでも存在する当然の欲求。
衣食住が満たされない国の方には達することのない贅沢な欲求。
生活保護という制度が受けられる日本国民に生まれた以上、知る努力が必要だということ。

今でもパレスチナは・・・・・・・

ランキング参加中。プッシュお願い致します。


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。